秋どこいった

まんけん!のパッケージ版をつくるのにマイナーチェンジを加えるので
(若干の画像差し替えやセリフ修正程度ですが)通しプレイしてました。
バグ見つけちゃったり、あーここ直したいなーと思うのが辛いので
一度リリースしたものは滅多にプレイし直さないのですが(笑)
再プレイして気づいたことがあったし今回は良かったかな、と。
なかでも大きく感じたのは「学園もの」らしさを出すために
行事やらをもっと入れて「ならでは感」をたくさん出したいな、ということ。
現代、SF、中世、原始時代…と世界観は色々ありますが、
「これ別にこの世界観でなくてもよくね」と思われてしまうなら
設定構築にはちょっと失敗かもしれないね、と思うのですよね。
まんけんでいえば「部員を集めようとしている」とか「お笑いがテーマ」とか
「駄菓子屋がある」とか「バンドマンがいる」とか。
その世界観ならではの特徴付け、といったところでしょうか。

レビューやら感想やらを見ていると、同人ゲームの半数以上はノベルかと
思われる現状、少しファミコンゲー的な遊び要素があるまんけんは
珍しい扱いなのかな、と思います。
次々回作はノベル作ろうかなーとは思っているものの、
また折を見てプレイアブルなゲームも作りたいなーと思いますね。

>>新キャラかわいいなーと思いきや、ついにまんけんにもエルシャダイがw
>>これ本編で見れるんですかw?
>>それからジーンズは36万・・・いや、1万4000円でしたっけ

 前回のSSは遊びです(笑) どっかでネタいれたいですけどね。
 あのジーンズの値段は72通りあるかもしれない…

今日の九州子さん

09231
ちょうどジーンズ買い換えたいと思っていたところにあの発表だよ!

それはともかくまんけん2進捗。
09233
大きな進捗はないですが、ぽつぽつ素材を作るなど。
新しいキャラグラが入るとうきうきですね。
エピソード選択とかセーブ画面とか、いくつか画面レイアウトも新規に作らねばな。
サイトは10月中旬以降にできれば、という予定です。

TGS2010

0919
連休中に東京ゲームショーへ。 入社したての頃はチケットもらって
仕事日に行かせてもらえたのですが、ここ数年はこの時期だいたい忙しくて
それどころじゃなかったので、実に数年ぶり!

特に目当てのものがあったわけではないですが、
キャッスルバニアのプロモーション見て興奮したり、
エルシャダイブースの不思議な空気を感じてニヤニヤしたりしてきました。
数年ぶりに見て感じたのですが
・外人さんが多かった
 あー、海外からの注目度も上がってるんだなーと感じました。
・女性が多かった
 近年増えたBLゲームの出展も多かったですが、
 それに並んでプレイしている女性客がけっこういたのが印象的でした。

全体的に見て、いわゆるゲーマー以外の客層が増えていて、
それだけ敷居が下がったというか、一般層にも広がっているのかな、という感想。
リアルグラフィックが増えたり、タレントを声優に起用したり、みたいな
変化のせいでしょうか。 いいことです。
ここのところあまりいい話を聞かないゲーム業界ですが、
ひさしぶりに熱気を感じることができて良かったです。
まだ終わらんよ!!

けいおん最終回のダメージは大きかったという…

0917
と、この半月ほど余暇も仕事向けの作業をしておりましたので
制作も止まりがちでしたが、なんとか余裕ができてきました。
その間にもイラストや背景などは上がって来ておりましたのでチェックとか。

10月からは自分としてまた新しいことに着手するのですが
まんけん2の制作も中盤のがんばりどころと思いますので、
気持ちを切り替えてがんばりたいところです。

進捗方向だけというのも飽きてしまうかもしれないので、
ちょっとした自分なりの制作論とか書けたらいいですなー。
お題や質問でもあれば拍手なんかからどうぞー。

最近良かったマンガレビュー

マンガおすすめはどんどん教えるといいですよ!a
文章力鍛えるためレビューコーナー作ろうと良く考えますが全く需要なさそう。

『第七女子会彷徨』

一見、女子高生の日常系ですが、独特の作風がやみつきになる、
そういう意味でもそれ町に似ててお気に入り。(アニメ化ちょっと意外でした
SFファンタジーな世界観のなか、奇抜で"シュール"という表現が
ぴったりな事件に主役二人が巻き込まれていきますが、
それをうまいことちぎっては投げていく感じ、なんか新しい感じがします。

『O/A』

芸人とアイドルがラジオ番組うんたんということで、まんけん続編の
参考用に買ったのですが、コメディ色を適度に抑えつつドラマ性があって、
絵も好みなので続刊に期待している作品。
立場の違う二人が~みたいなシチュエーション系は好きなのかもしれない。
よく考えるとどんなストーリーもそういう要素があるし、基本といえるのかしら。

『ディーふらぐ!』

ギャグマンガなのですが、うすた作品好きだとけっこうハマるかも。
理不尽なキャラに振り回されたり、やけにmobキャラに力が入っていたり、
急にバトルものになったり、とかギャグセンスに通じるものが。
ストーリー性があるということはいつかは終わってしまうかもしれないけど、
だらだらしなくなるということでもあり、難しいところですのう。
(いや別にジャガーへの皮肉ではナイ…w

新キャラその3

09082
新キャラ3人目のデザイン画。 どんなキャラか想像つきそうやすそうな!
どれも気に入っているデザインですが、
採用されたのかがどれかはお楽しみということで。
こういうコスプレっぽいキャラは画面が引き締まっていい感じ。

続編のスペックまとめ
○ジャンル:アドベンチャーゲーム(読みもの)
○ボリューム:全12話(うち4話がサブストーリー)
○内容:まんけん!エンディング後から続く話(5月期)
○リリース予定:11月~12月
○リリース形式:DL販売+様子見てパッケージ化
○おまけ:設定資料集(こうれいの)

まんけん!パッケージ版も準備中。
順調に行けば10~11月あたりから店頭やイベントで販売できるといいな、です。

しんちょく

100904
マップ背景も3つほど追加されるのですが、良い感じのクオリティで、
より学園や街の雰囲気が伝わりやすくなるのではないか、と思います。

今回は予算をしぼったり、という制約?を設けつつなので
贅沢はできませんが、いつか既存背景も描き直したりマップ追加したりの
完全版みたいなのも出したいですねー。 声とかつけたりな…
別バージョンも出したいのですが、そういう機会くるんだろうか…

平行してぽつぽつと、新作の設定も考えてたり。
いや、平行してる場合でもないですが…
今度は冒険もので好き勝手やりたいなー、いや、いつも好きにやってるけど…

新キャラその2

0901
新キャラその2。教師なのですがタカ○ヅカふうという…w
終始ドヤ顔で存在感のある感じがたまらんないです。
ちと忙しくなっているのですが素材は上がってきているし、追い上げたいのう。

9月中に前作のパッケージ版できたらいいなぁ、とも考えてます。
内容に大きなバージョンアップはないですが、続編で追加される
表情を入れ込んだり、くらいはしたいですね。 可能なら雑談の追加とか。

あとETページのTOPイラストを差し替えました。
ネタばれしてたので半年くらいたったら替えようと思っていたのに忘れておった。

該当の記事は見つかりませんでした。