CTHGF キャラ紹介-4 保和登 凛

4人めはヒーローかぶれキャラ、ポワトリン保和登凛くんです。

色モノ枠! あャラデザはAKINOKOさんです。

悪の結社ゴルゴンの卑劣な手によって母を殺され、幼い凛は父保和登博士に連れられ逃亡、
そして改造手術を施され、正義のヒロインとなった。
そして今日も明日もあさっても、平和のために戦い続ける!

という設定の女の子。少なくとも本人はそうだと言いはっている。
当人は学園の平和を守っているつもりだが、どちらかというと騒ぎを起こしていることのほうが多いという。

どう見ても普通の人間だが、思い込みと日々のトレーニングの成果で
超人的な怪力と運動性能を発揮できているのだ。
搭載されているはずのアイビームやロケットパンチが出せないのは修行不足のためだと思っている模様。
戦闘時では電磁エネルギー発生装置エネルゲインを起動することで
短期間ながらパワーアップし、技も増えるという仕組み。(あくまで予定)

おかえリンゴジュースは100%


晋遊舎さまの『Windows100%』、スルメゲーマーズというコーナーで
他5本ほどのゲームと共に「まんけん!」も紹介していただきました。
雑誌収録もひさしぶりー。ありがたやー。

CTHGFゲーム紹介1ラウンドめ「プレイヤーメイク」

ナツコミガー

まだそこまでできてないけど、フォトショ画像でゲームを紹介していく大作戦。
まぁ基本ですよね。


白桜ガールズファイトでのプレイヤーは新任の体育教師。
OPで最初の仕事として、ガールズファイト出場チームのマネージャを任されます。

いつの間にか生徒会副会長になっていた千歳の指示で履歴書を記入。
名前と特技(スキル)を選び、難易度選択して提出!

難易度は3段階で、ノーマル以上からランキングに対応予定。
ランキングはクリア時のパラメータなどからスコアを算出します。
一度ランキングやってみたかったのだ。


第二回に続く!

『Call of Juarez Gunslinger』レビュー

前のPCではスペック不足だったので積んでたけど、ようやくプレイしました!

コール・オブ・ファレスシリーズの今のところの最新作となっている西部劇FPS。

老ガンマンの復讐の回顧録

1910年、カンザス州アビリーンに流れ着いた賞金稼ぎのサイラス・グリーブス。
伝説的存在になっている彼の回想を酒場の連中が尋ねていく、という形式のストーリー。

面白いのはダイムノベルやうわさ話で広まった、誇張されたウェスタン世界そのままということ。
「ビリーザキッドやジェシージェイムズとやりあった」「何百人もの先住民に囲まれた」など、
信じられないような逸話を聞いて酒場の連中も「作り話なんだろ?」と半信半疑。

ダイムノベルの世界に飛び込め!

それがゲームデザインにもそのまま活かされているのが秀逸。
「そこであんたは決闘したんだったよな」とダイムノベルを思い返す連中の想像通りに
ゲームプレイが進行するのですが、途中で「いや、実は決闘はしなかったんだ」と
サイラスが語れば時間が巻き戻って別のルートでゲームが進む。
さらに回想なので、行き場がなくなって追い詰められて死亡……?と思いきや
「そうそう、そこで橋を発見したんだった」と云って唐突に橋が出現し、脱出可能に。w
これがいいアクセントになっているうえ、「同じステージを違う味わいで何回もプレイさせる」
というゲームデザインになっていて、開発の観点から見ても良くできているのです。

マカロニ的に派手で洒落た演出

決闘、列車強盗、銀行襲撃、ゴーストタウンといった数々の西部劇シーンに立ち会うことができ、
ステージの終わりでは名だたる歴代のガンマンたちとの戦いが待っています。


▲明日に向かって撃て!


▲どこかコリン・ファレルかブラピ風のジェシー・ジェイムズ……w(主演してる)


▲おや、これはまさかあの「続・夕陽のガンマン」的な……?

音楽はチョーかっこいいし、ガンプレイも爽快で楽しいですよ。
西部劇好きなゲーマーさんはぜひ!

まんけん価格変更のお知らせ

この度、サークル作品「まんけん!」の価格を変更しました。
 DL版:\1300→\900

リリースから4年たったことや海外版との価格差が気になっていたほか、
新作の白桜ガールズファイトがジャンルや話のつながりは薄いものの
同じ舞台の話なので、リリース前に遊んでくれる方が少しでも増えてくれればいいなと。

パッケージ版も、現状イベント販売のみとなっているので
夏コミからとなりますが、\1500→\1000で頒布予定です。

続編のアイマイガールズも合わせて\800→\600に変更しております。

舞台設定のお話

新作『白桜ガールズファイト!』は既作『まんけん!』と同じく白桜町が舞台です。
(学園内バトルなので正確には舞台は白桜学園ですが)


もともと白桜町は神奈川県のどこかにある架空の町、というイメージだったのですが、
今回設定を追加するにあたって、平塚-小田原-御殿場の範囲内のどこか、
ということに決めました。

地図でいうと、この足柄平野のあたりですね。


南が海、北と東西が山という地形に当てはめると完全に
小田原市と南足柄市を合併した位置になっちゃいますけど。w


そんなこともあるので今回、キャラとの雑談会話のなかで
「御殿場から学校に通っている」「富士山が見える」「風魔忍者の末裔」といった
トークが人によっては聞けると思います。
風魔忍者ってなんだよ!って話ですが、忍者キャラが出るので
せっかくだし実在の忍者と絡められないかな、と思って調べていたら、
どうやら風魔忍軍がこのあたり(相模)を根城にしていたそうなんですね。
しかももともと名前に風を入れていたので、おおこれドンピシャじゃん!と。
そんな感じで、舞台設定とか深堀りしてくのも面白いんですよね。

ちなみにぼく自身は平塚に一度遊びに行ったり、大涌谷いく時に小田原を
通ったくらいだったりはするのですが、町並みとかは好みな雰囲気でした。
自分が田舎の城下町生まれだったり、埼玉育ちだったりするせいか
摩天楼都市よりも周りが山に囲まれているようなのどかな町並みのほうが好きみたいです。
長野や甲府も良かったねぇ。

該当の記事は見つかりませんでした。