CTHGF キャラ紹介-13 科ノ木素子(科学)

公式ページにキャラ紹介を追加しました。


科ノ木博士。傲岸不遜なハカセキャラ。デザインはAKINOKO.さんです!
基本的に選手たちのプレイヤーに対する態度はフレンドリーかひどいかどっちかですけど、
このキャラからの扱いは特にひどいものとなっているので、そういうの好きな人におすすめ。

格闘家ではないけど、あやしげな薬を飲んだり注射によって自己強化して戦うスタイル。
人体のメカニズムを知り尽くしているためにツボをついたり、関節を取ることもできる。
フリートーク会話はこの間全部書いたとこだけど、けっこう面白かった気がする。
なんで研究しているかという理由があるんですけど、それどこで出そうかなぁ……

気づけばもう冬コミまで残り僅かじゃなイカ(^p^)……

お仕事情報『ミリオンサーガ』

いろいろやってはいるのですが、ひさしぶりに……

11月27日にサービス開始のAndroid『ミリオンサーガ』(株式会社プレイモーション様)にて
一部のキャラクター設定~シナリオを作成させていただきました。
iOS版も後日リリースだそうです。よろしくお願いしたします。

公式サイト:http://millionsaga.com/

御城プロジェクト

これ、イベント挑んでるけど練度不足がたたり、E-3のボスのゲージ0にはしたけど
撃沈できなくて、期間中に落とせるかあやしい感じ。ふぬぬ……
そういえば冬コミで艦これ合同誌に寄稿させていただきました。詳しくはまたいずれ。

最近、新しく始まった城ぷろにはまり気味。
一度作ってみたいジャンルではあるので、参考ていどに……

ジャンルはタワーディフェンスですが、武器種とかいろいろあるし、敵も手強いので
なかなかやりごたえがあります。
このジャンルはiPhoneアプリが出始めの頃に一気に増えてSHOGUN DEFENCEなんかに
はまりましたが、やるのはひさしぶり。ちゃんと作られていると面白いよね。
艦これと同系のUI設計ですけど、快適性は上かも。サクサクできる。
イラストと声優さんもかなり良い感じ。


ロリババア!


10人中、3人が褐色娘という夢のような編成で進めています。

会津生まれだから会津若松城ほしいのに、なんと事前登録限定でござった。南無三。

デジゲー博お疲れさまでした

人ゲームオンリー展示即売会、デジゲー博2014に参加してきました!
前回は一般参加でしたので出展は初ですね。(そもそも第二回目の開催だけど)


会場が変わって、絵師百人展やってるUDXになりましたね。


設営中の写真しか撮ってこなかったのですが、すでに待機列が……?
前回は「おぉ、待機列できてる?」と思ったら一階の艦これのイベントだったーという記憶ですが
今回はまじもんだったので、会場前からざわついてました。ZUNさん効果だったのかな?

会場の様子などは電撃オンラインさんの記事などを見ていただければ……
前より動員数増えそうね、と開催前からささやかれていましたが、蓋を開けてみればびっくりしておどろいた。
同ソ島限定とすれば密度がコミケより濃く、それが瞬間最高とかでなく閉会時まで続いたという!
イベント時はいつも2時間くらいで撤収するひづめ氏も、これには最後まで居座りざるを得なかった。
お客さんもコミケとは違っていて、それだけインゲが注目されているのか、アキバ効果なのか……?

様子を見ていると、ゲームを買いに来た、というよりは体験しにきた、という雰囲気が強かった感じ。
なので試遊しにくいうちみたいなジャンルはちょっと厳しいかなーという印象だけど、
イベントとしては盛り上がりますね。
最近のOculusの注目っぷりよー。自分は出展参加ばかりなのでまだ体験してないんだ……

さて、次は冬コミですのう。
もう一ヶ月しかないので、なるべくまともな体験板を出せるようにがんばります><

デジゲー博2014に参加します

日曜日はデジゲー博に参加しますー。

新作で何か出せたら、と思ってましたが無理でしたので
既作の頒布のみです。
初参加なうえ、思ったより規模が大きくなってきたのでドキドキです。
9月から仕事づくしで休みらしい休みもなかったし、気分転換にもなるといいなー。

STG系のサークルさんでスコアアタック企画などやるみたいなので
盛り上がるといいですのう。

CTHGF キャラ紹介-11+12 香坂ケイ(キックボクシング) 越前いつか(ジークンドー)

ガルファイのページにキャラ紹介を追加しました。
このペースでは暮れまでに全キャラ間に合わない、ということに
気づいてしまったので2キャラ立てです!


キックボクシングはちょっと地味になるかも、とかボクシングとかぶるし、ということで
悩んだのですが、比較的スタンダードな格闘技ですし、入れることにしました。
ほとんど手技と足技に集約されるかわりに堅実に戦えるスタイル。

美少女だけど性格は人見知り、悪くいえばコミュ症気味。
なのでケイとの雑談会話で展開されるコミュ症エピソードは
ひづめ自身のコミュ症経験談をモチーフにしているとかいないとか。(何)
プレイヤーに対する信頼度の高さは全キャラでも1、2を争うので育てやすい子です。

デザイン担当はかんけさんです。



ホアッチャーと怪鳥音がうるさいジークンドー使い。
まぁ出しますよね、ジークンドーは。
こちらも打撃ファイターですが、火力やカウンターを重視した直接型という感じか。

不真面目さを許せない精神の持ち主なので、不良タイプとは相性が悪い。
トレーニングに対しては真面目なので当人は育てやすいはずである。

デザイン担当は紗爾川とるねさんです。
ブルースリーのトラックスーツを元にアレンジしてもらいました。

CTHGF エフェクト表示テスト

ベントシーン用のエモーションエフェクトを作成&実装可能にしていただいたので
表示テストをしていました。演技派のもにかにお願いして。



こういうのは昔から入れたがりですが、わりと手軽に入れられるようになったのは
進歩なのかもしれません。色んな意味で。
いまのADVってE-moteやらLive2Dやらで2D絵でも動きまくりが
当たり前になってきているので、見た目楽しそうに見せるのが大変ですよねぇ。

今回のエフェクト(戦闘用含む)と選手の顔アイコンはTORaIKIさんに作成をお願いしています。
戦闘はまだ全然テストできない段階だけどー。

CTHGF ゲーム紹介 4ラウンドめ「フリートーク」

コミ、当選してました!
今月16日はデジゲー博、12月30日にコミケに参加しますー。全然準備できてないべ……


顔の見えないシュールな画面……

まんけんではキャラに話しかけると毎日ランダムで変わる雑談会話があり、
全キャラに30~50くらいずつ用意していたのですが
ランダムということで意識して見づらかったのがもったいなかったかな、と。
今回はその流れを汲みつつも、育成要素のひとつとして組み込み。

こうしてコミュニケーションをとることで絆が深まり、選手もがんばってくれるように、という仕組み。
会話に必要なキーワードはNPCの会話から入手な感じよ。

今回はキャラごとにストーリーとかあるわけではないので、
こうした会話からキャラの性格や設定を知っていってもらいたいなぁと。

該当の記事は見つかりませんでした。