チラリズム

休みということで各種セールが開催されてますのでそのまとめ。

【PLAYISM】
白桜ガールズファイト!』 1050円(30%オフ)
まんけん!』 450円(50%オフ)

【DLsite】
まんけん!』 486円(50%オフ)
まんけん!アイ!マイ!ガールズ』 216円(50%オフ)
EnfantTerrible』 162円(50%オフ)

 ======================================

先日資料として作った次回作のキャラ絵を勢力ごとに分けた画像がチラ見せにちょうどよかったので貼り貼り。
勢力と所属キャラクター

ファンタジー系ですが、こうして見ると無国籍感ありますね。

あるいて一万歩

コミケゲーの感想あげたいけどもう少しかかりそうな具合です。

自分は欲張りなのでファンタジー系も学園ものも作ろうと思って
両方立ち上げたので、次回はファンタジー系(DEJ関連)となるはずなのですが。
交互にいけるかは分からないですけど、いけるものなら2本同時進行したいくらいですねぇ。

ちなみに学園もの(白桜町関係)では今のところ以下の企画を予定には入れています。

◯ガールズファイトの続編
ゲームを作る機会が限られている以上、できるだけ前と違うことをやりたいのが
人情なので(?)基本的に続編を作りたいとは思わないのですが
(ストーリーではなくゲーム的な意味で)
ガールズファイトに関しては珍しく作りたい気持ちがあるんですよね。
同ソ制作初めてから一番ゲームらしいものにチャレンジできたと思っているし、
それだけにやり残した部分やもっとこうしたかった部分が多いので。
現状ではもうちょっと売れてくれないと希望がないなという感じですが;
一応登場する選手やらストーリー面の構想はしてあって、
やるとすれば1年後の次の大会で、まんけん時からちらちら出ていた
ミシマグループが関わってくる話になります。

◯育成ゲーム
昔から作りたくて仕事で出していた企画案があるんですが、
練り直せば同人でも作れる気がするので、機会があったらぜひやりたいのです。
規模縮小するので実際にはノベルゲー+ちょっとしたゲームパートって感じかしら……
一度、長めのストーリーのちゃんとした美少女ゲーム然としてものを作ってみたいんですよね。
設定は白桜町に絡めますが時代は1990年頃、という外伝的な話になりそう。

◯クイズゲーム
なるべくコストを抑えて一本作るとしたらなんだろう、って考えてたら出てきた案。
クイズゲームあまり詳しくないのですが「子育てクイズマイエンジェル」や
「虹色町の奇跡」あたりを参考に、白桜町をうろうろして
登場キャラクターからクイズを出題されるという内容になるでしょう。
ガールズファイトの立ち絵を流用してまんけんキャラを新規に作成、と考えると
比較的コストは抑えられると思うけど、ストーリー面がないようなものなので
ちょっと作るうえでのテンションを上げるのが難しそう。

夏コミを終えて

コミ終わりましたね。


うちは今回は十三妹さんのスペースでの委託参加でした。
十三妹さんのRPG「ライオンハート」の声優さんが登場キャラのコスプレして
売り子で参加されていて、うらやましいことしきり。



さて今回の戦利品です。

間違えました。


自分が二次創作本を買いにいくのかなり珍しいんですけどね。
今回委託参加でスペースから動けないこともなかったので
抜けだしてアイマス本を買いに行くぞと心に決めていたといいます。
持ちきれなくなって諦めたけど春香本とかももっと欲しかった……


同ソで買ったりもらったりしたもの。

あとから思い出したように同ソめぐりをしたら体験版とかけっこうなくなってました(死)
おいおい遊んだ感想等をアップの予定です。

====================================

コミケ後、恒例の打ち上げに誘ってもらっているのですが、
ここ数回、打ち上げまでの時間にASTROPORTさんとあきら小屋の坂葉さんの
お話を聞く機会があるのですがこれが面白くて。
業界的にも人生的にも先輩の方々の話を楽しく聞ける希少な機会。
もうなんかラジオ的なものでずっと聞いていたい。
ゲームをするにしても作るにしても、実は自分ではそんなに核心を掴めてなくて、
人の話を聞くことで、そもそもゲームの何が面白いと思ってたのかとか、
本質的なことにようやく気づいたりすることが多いです。

うちはこの1年新作の情報もロクに出せていませんので、これからがんばりまもす。

夏の字

例の同人ゲームまとめ動画が公開されていますね。
今回うちは参加していませんが、ぜひチェックをー。



==<コミケ参加情報>=====================
うちは今回は十三妹さんに委託してもらうことになりました。
自分もスペースにいるかとは思いますが、
せっかくの機会なので色々見て回りたいなーと考えてます。

スペース、頒布物については<こちら>からどうぞ。
委託なので少数しか持っていかない予定ですが、
ガールズファイト、DEJともにサントラをオマケとしてつけちゃいます。

==<Dlsiteで過去作品半額セール中>=========
EnfantTerrible』 324円→ 162円
まんけん!』 972円→ 486円
まんけん!アイ!マイ!ガールズ』 432円→ 216円

アイドルマスター

近はゲーム制作の傍ら日に6時間ほどプロデュース業務に従事しているひづめPです。

アイドルマスター プラチナスターズ


自分は2から入った新参ですけど、すごく魅力を感じているいちファン。
一見キャラゲーですけどゲーム自体はそれなりに本格的で、
ちゃんと育成していかないとクリアも難しかったりします。
(育成ゲームって何周もしてコツを掴んでから本番、みたいなとこありますね)

ファンに支えられて10年続いているコンテンツですけど、
安易なサービスやらウケを狙って一時的に話題になってもすぐ忘れられてしまうような
モノ作りをしていてはいけないなと思わされる、案外硬派ですばらしいIPではないでしょうか。



前作『ワンフォーオール』はプロデュースの期間制限がなくなったり、
全員プロデュース可能になってスキルツリー等も入って育成もやりがいが出たり、
ライブの演出も力が入って……と「プロデュースしてる感」を
より感じられるようになった完成度の高い内容だったんですよね。

今回はそれを踏襲しつつ、演出やグラフィックを向上させた感じ。
正直なところアイマスの従来のキャラモデルは少々古臭くて、
OFAの時点で(放映されたアニメのキャラデザが良かったこともあり)
「え、今回もこれ使うの?」とそこだけが残念だったので
今回すごく可愛くなったのはとても喜ばしいですね。
それも作りなおしたというより従来のを良くしただけで、
モーションもいつも通りのものを使っているというのが安心感あります。



自分はもともとマンガでもドラマでも、目標に向かって頑張る人たちのお話が
好きなんですけど(その結果が成功しようと失敗しようと)
アイマスもアイドルたちがそれぞれの悩みや障害を乗り越えながら
トップアイドルを目指していくストーリーが展開されるんですね。
特に千早みたいな、人付き合い苦手で、歌さえ歌えればいいのに
どうしてアイドル活動を……みたいな子が
仲間との活動を経て仲間の大切さを知って、いろんな感情を出せるようになって、
歌手として成長できた……みたいな話は王道的ながらもウルウルしてしまいます。



ストーリーとゲーム体験がリンクする一体感が大事、とあらためて思いますね。
ゲームを進めることで難易度の高いライブを成功させることができるようになる。
ライブ中に複数人でアピールする演出がありますけど、そういうのも
先に進んでいくとできるようになるので、アイドルたちの信頼関係が高まってきたから、
と読み取ることができる……すごくナラティブだなぁと思うんですね。



もちろん今作に関してはいいところばかりでなく、残念なところもありました。
もともとアイマスってけっこう独特なリズムゲーなのが好きだったのですが
普通の音ゲーに変わってしまったうえ、ライブ対決がなくなったり、
育成部分が簡略化されてしまったり……
営業なんかで発生したイベントもなくなって、物足りなさは否めないです。

舞台が事務所でなくて合宿所になったのは、
事務所だけだとどうしても「仕事してる場面」が中心になってしまうので、
合宿所で遊んでたり、夜パジャマパーティしてる様子が見れるのは良かったですね。



どんなにゲームをやっても勉強になるばかりです。
ゲームを作る人間としてもまだまだ新人プロデューサーみたいなものですけど、
最近ようやく、何か掴めてきた……と感じているものもあります。
それをすぐに出すのは難しいと思うけど、少しでも丁寧に、遊んでくれた人の
心に残るゲームを作りたいと思う次第です。

該当の記事は見つかりませんでした。