[P7]キャラクター紹介 その2

唐突にキャラ紹介を再開していくスタイル。

舞台である多島海に浮かぶウルル島の住民ルシオ(右)とマウリ(左)。

ゲームのタイトル(パイレーツ7)からうっすらと想像されるかもしれませんが
そのまま七人の海賊を意味しているので、ウルル島の住民を海賊たちが
守る流れがちょっと組み込まれています。(それがメインのお話でもないですが)

ルシオもマウリも島の世界を知らず、一般人として海賊カリビアについていきます。
主人公はカリビアですが、視点としてはプレイヤーに近いものになる?

戦闘では漁師のルシオは銛を使った前衛、巫女のマウリは某SRPGでいうところの
踊り子(行動復帰)や回復を行う後衛として使っていく感じ。
デザインとしては南国の島の先住民っぽい感じでオーダーしたもの。


おまけ。カリビアの部下のラッド(左)とボニー(右)。

体験版を遊んだかたは気づいたと思いますが
どちらも汎用ユニットのちょっとしたデザイン違い。
上記ルシオマウリが正式に仲間になるまでの数ステージお供としてつきますが、
あくまでサブキャラなので、成長させてもいまひとつ強くならず技も覚えない、
ということになっています。
あえて使い続けて縛りプレイもできなくはないかもしれない……

テストプレイヤー募集

P7の制作ですが、ステージごとの仕込みはまだ絶賛実装中なものの、
仕様面は大体入ったためクオリティアップにちょこちょこ入っています。

ということで今月後半~来月頭あたりからテストプレイお願いできる方を探したいです。
操作感や、難易度についての意見を頂きたいところ……
時間あるしできるで!という方はメールフォームやTwitterのDM、
ご存じであればメールでもなんでもいいので連絡お願いします!
今回は新規の方(ひづめと今までまったく絡みのない方)は申し訳ありませんがお断りさせていただきます。


SSではわかりにくいですが、雲が流れたりカーソルの出方に演出が入ったりしています

ゲームを作ってみよう

く「ゲーム業界に入りたいなら、まず自分で作ってみよう」という話が
ありますが、特にプランナー(ゲームデザイナー)志望であれば
実際に作ってみると制作の過程が分かり、
必要な作業を理解できるので後々役立ちますね。

単にゲームを作るだけなら、今も昔も個人レベルでの制作は可能ですし、
わずらわしいことが嫌いな人はそっち(同人インディ)でやるほうがいいかもしれません。

かくいう自分も学生時代にはゲーム制作ツールをいくつか触ってました。
覚えてる範囲ではKlik&Playとか。
でもこれは全然ダメで、当時RPGばっかりやってたからアクションやSTGを
作るモチベが薄かったのもあるけど、なにより根気がなかったぽい。
(そして当時からプログラムに手を出す気はなかったようだ……)

RPGを作りたかったので当然というかツクールシリーズも触ったのですが、
最初に触ったのはSUPER DANTE。
まぁまぁ楽しんで触ってた記憶はあるのですが、
さすがに「計画にそって1本のゲームを完成させる」にはほど遠い感じでした。
まぁ大体のひとは最初は行き当たりばったりでしょうけどね!

そのうちPC版ツクールにも手を出し始めますが、CS版と違って素材からいじれるのが大きい。
95の頃は制限多かったですが、2000やXPになると幅がかなり広がってきました。
うちの「まんけん!」もぱっと見ではわかりませんがツクールXP製だからね!
やりようによってはRPG以外のジャンルも作れるというのは、
「ゲーム作り」エディタとしてはかなり良いものですね。

ストーリーよりに興味があるならノベル系ですか。ツールじゃなくてスクリプトになるし
ゲーム制作過程といっていいものかちょっとあやしいけども。最低限はつかめるかもしれない。

とかなんとか。実際にゲーム制作を始めるとどんな作業が発生するのか、
という話をしようと思ってたのに昔語りで思ってしまった……
次回があったら続く。

該当の記事は見つかりませんでした。