ゲームを作ってみよう

く「ゲーム業界に入りたいなら、まず自分で作ってみよう」という話が
ありますが、特にプランナー(ゲームデザイナー)志望であれば
実際に作ってみると制作の過程が分かり、
必要な作業を理解できるので後々役立ちますね。

単にゲームを作るだけなら、今も昔も個人レベルでの制作は可能ですし、
わずらわしいことが嫌いな人はそっち(同人インディ)でやるほうがいいかもしれません。

かくいう自分も学生時代にはゲーム制作ツールをいくつか触ってました。
覚えてる範囲ではKlik&Playとか。
でもこれは全然ダメで、当時RPGばっかりやってたからアクションやSTGを
作るモチベが薄かったのもあるけど、なにより根気がなかったぽい。
(そして当時からプログラムに手を出す気はなかったようだ……)

RPGを作りたかったので当然というかツクールシリーズも触ったのですが、
最初に触ったのはSUPER DANTE。
まぁまぁ楽しんで触ってた記憶はあるのですが、
さすがに「計画にそって1本のゲームを完成させる」にはほど遠い感じでした。
まぁ大体のひとは最初は行き当たりばったりでしょうけどね!

そのうちPC版ツクールにも手を出し始めますが、CS版と違って素材からいじれるのが大きい。
95の頃は制限多かったですが、2000やXPになると幅がかなり広がってきました。
うちの「まんけん!」もぱっと見ではわかりませんがツクールXP製だからね!
やりようによってはRPG以外のジャンルも作れるというのは、
「ゲーム作り」エディタとしてはかなり良いものですね。

ストーリーよりに興味があるならノベル系ですか。ツールじゃなくてスクリプトになるし
ゲーム制作過程といっていいものかちょっとあやしいけども。最低限はつかめるかもしれない。

とかなんとか。実際にゲーム制作を始めるとどんな作業が発生するのか、
という話をしようと思ってたのに昔語りで思ってしまった……
次回があったら続く。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。